ハロウィンシーズンの到来。

Pocket


【Advertisement】


早いもので、今年も10月。毎年毎年、月日の流れがとても早く感じるようになった。

ここアメリカの10月…といえば、やはりハロウィンだろうか。



以前の記事で

気が早い人達…

を紹介をしたが、どこへ行っても、ハロウィンムードでいっぱいだ。

クリスマスの時期もそうだが、そのイベントが近づくと共に

街や店内の飾り付け、テレビCM、など世間の雰囲気が変わってくる、あの感じが僕は好きだ。

さて、ハロウィンのシンボルといえば「jack-o’-lantern」だろうか。

あれを顔をくり抜いただけの、ただカボチャの置物と思っている人もいるが、

ランタンだけに、提灯だ。ちゃんと中に明かりをいれるのが普通だ。

真夜中に、いきなりあのランタンと遭遇すると意外とびっくりする。

 

みんな、自分たちで手作りランタンを作るので

スーパーの外や中に、ランタン用のカボチャが沢山並べられる。

または少し田舎にある、カボチャ農家に行って自ら買ってくる人もいる。

僕は農家に行って、自分たちで選んで摘んでくるのが好きだ。

2014-09-25 19.50.25

 

オレオもハロウィンバージョン。これは日本にもありそうだね。

2014-10-08 19.32.33

 

僕がアメリカにきて驚いたことの1つは、

ハロウィン時期に家をデコレーションすることだ。

最近の日本では、クリスマスに庭先をイルミネーションで飾る事は

そう変わったことではないと思う。

アメリカでは、ハロウィンでも庭先のデコレーションやイルミネーションを行う。

先ほど言った、jack-o’-lanternを並べるだけの家もあるし、

かなり凝った家では、玄関先・庭先がお化け屋敷のようになる家もある。

 

うちの隣の家の庭、今年は墓場になってる…。玄関先の骸骨人形は夜見ると恐ろしい…

2014-10-08 12.32.46

 

ハロウィンシーズンにアメリカに来る機会があれば、

街角のデコレーションは勿論、各家庭の庭先も楽しんでみては如何だろうか。

あれを見て回るだけでも、意外と楽しいものである。


【Advertisement】

Pocket