メッシとの出会い…(2015年3月)

Pocket


【Advertisement】


僕は大のバルセロFCファンである。

というよりは、大のリオネル・メッシのファンである。

今年2015年の春、彼に遭遇した。その事を思い出として記しておく。

(というか、別にやっているブログにその記事を書いたついでにこっちにも…)

僕には「サインコレクター」の友人がいる。

彼は色んなメディアやよくわからない情報ネットワークを駆使して

色んなスポーツ選手の出没情報や滞在先情報を仕入れてくる。ほぼストーカー…笑

そんな彼は僕がメッシのファンだということを知っている。

 

今年2015年3月、メッシを含むアルゼンチンのナショナルチームがDCを訪れた。

確か、エルサルバドルとの親善試合の為に。(なぜアメリカでやったんだ?)

そして、彼らナショナルチームがDCにある大学のグランドで練習をしているとのこと。

僕は「え?そんな身近なところで練習するんかい!警備とか大丈夫かよ」と思った。

しかもここアメリカはスパニッシュ系の人が沢山いるのだが、彼らからしたらメッシは神様みたいなもんだ。(僕にとっても)

ワシントンDCにはMLS(メジャーリーグサッカー)チームのDC Unitedがあり、

彼らのスタジアム(ロバート・F・ケネディ・メモリアル・スタジアム)もあるのに。

 

情報を仕入れた当日(2015/03/25)、今日は練習しないかもしれないという不安もあったのだが、

ロケーション確認も含め、そのサインコレクターの友人と大学のグランドを訪れた。

その大学は、ジョージタウン大学。

元アメリカ大統領ビル・クリントンや、合衆国最高裁判所判事のアントニン・スカリア

などの出身校でもある全米屈指の名門私立大学(学費も超高額)。

現在、韓国の人気俳優?歌手?の”なんとか”って人も在籍しているらしい。なんとかって…笑。

2015-03-24 16.07.15

大学に到着し、グランドを探す。そしたらなんと…彼らがいた。僕らは凄く興奮した。まさかいるとは思わなかった。

グランド正面口付近は人が沢山いたので、少しでも人の少ない反対側へ行った。それでもグランドを囲むフェンスの周りはファンでいっぱいだった。そんなファンたちの間をぬって練習を見ていた。

 

夢見心地の中、彼らの練習を見ていた。至近距離で、一流選手の練習風景を見れる。

こんなにも幸せなことはない。しかもアルゼンチンのナショナルチーム、メッシはもちろん、他にも豪華メンバーが招集されていた。

▼GK
ナウエル・グズマン(UANLティグレス/メキシコ)
セルヒオ・ロメロ(サンプドリア/イタリア)
ヘロニモ・ルジ(レアル・ソシエダ/スペイン)

▼DF
エセキエル ・ガライ(ゼニト/ロシア)
パブロ・サバレタ(マンチェスター・C/イングランド)
マルコス・ロホ(マンチェスター・U/イングランド)
ファクンド・ロンカリア(ジェノア/イタリア)
マテオ・ムサッキオ(ビジャレアル/スペイン)
ルーカス・オルバン(バレンシア/スペイン)
ニコラス・オタメンディ(バレンシア/スペイン)

▼MF
ハビエル・パストーレ(パリSG/フランス)
アンヘル・ディ・マリア(マンチェスター・U/イングランド)
ルーカス・ビリア(ラツィオ/イタリア)
ロベルト・ペレイラ(ユヴェントス/イタリア)
エベル・バネガ(セビージャ/スペイン)
エンソ・ペレス(バレンシア/スペイン)
ハビエル・マスチェラーノ(バルセロナ/スペイン)

▼FW
エセキエル・ラベッシ(パリSG/フランス)
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C/イングランド)
ゴンサロ・イグアイン(ナポリ/イタリア)
カルロス・テベス(ユヴェントス/イタリア)
リオネル・メッシ(バルセロナ/スペイン)

 

そして練習が終わり、僕達の周りにいた大勢のファンは、グランド正面口の方へ流れていった。

「あ〜向こうの正面口から帰るんだろうな〜」と思って諦めていた。彼らは何日か滞在し、まだここで練習をするからまた来ればいいや…くらいの思い。

そして僕達の前には誰もいなくなり、ようやくフェンス前のポールポジションをとった(全く意味のないポールポジション)

だがその時である、選手たちはグランド正面口からは退場せず、自分達の近くにある裏口に向かってくる。

大興奮!!。サインコレクターの友人はサインを貰う用にメッシの写真とペンを持っていた(なんて準備の良い…)

「メッシ!メッシ!」と叫びながら、彼を待った。ちなみに近くにいたスパニッシュ系の人たちは「リオ!リオ!」と叫んでいた。リオネル・メッシだから。

 

そしてその時がきた。友人はサイン色紙の代わりの写真とペンを突き出していたので、

メッシがサインをするため、僕らの前に立ち止まる。あのメッシが僕の半径1メートル以内にいた。(彼の◯玉に触れられる位の距離に僕はいた)

そして僕はメッシに触れた(申し訳ない程度にジャージの袖に笑)。だが、正直その時の事をはっきり覚えていない。

meetingMessi

 

友人がもらったサイン(写真右下)

2015-03-24 16.40.51

 

そして彼らがバスへと乗り込み、大学を去っていった。多くのファンも帰っていった。

2015-03-24 16.36.49

 

興奮冷めやらぬまま、僕たちはその場にしばらくいた。大ファンのメッシに、しかも会えると思っていなかったタイミングで会えた。この日の帰り道、ジョージタウンにあるナイキのお店「Nike Georgetown」で、なぜかバルサのユニフォームを買って帰った(見に行く前に買っていれば…泣)

ちなみに後日、NBAワシントン・ウィザーズの試合を見に行ったら、彼らアルゼンチンのナショナルチームも観戦に来ていた。バスケそっちのけで彼らをずっと追っていた…笑。でもそこはアメリカ、そんなに大パニックになるほどにはならなかった。サッカーへの興味の無さをすごく感じだ。(↓中央の赤い電光掲示板の下の青いジャージ集団。暗くて見づらい…)

2015-03-25 20.19.05

実はアメリカに来てから、他にも色んな有名人に会っている。元フランス代表のティエリ・アンリ、ブラジル代表のカカ。MLS(メジャーリーグサッカー)は、ヨーロッパや南米の元スター選手が沢山いる。

アメリカでは最近はサッカー人気が出てきているとはいえ、またそこまでサッカー人気がないので意外と彼らにすんなり会える。周りがあまり気にしない(多分知らない)ので、人だかりが出来るわけでもない。日本や他の国であれば、そうはいかないだろう。

本当に貴重な体験をした。サッカーファンにとって、アメリカは有名選手にあえる意外な場所かもしれない。

またスポーツ選手ストーカーの友人から情報を仕入れ、また誰かに会いに行ってみようかと思う。


【Advertisement】

Pocket