外国で結婚後、日本側の結婚手続き。

Pocket

僕は国際結婚をしている。僕は日本人、妻はアメリカ人。僕はアメリカで結婚後、そのままアメリカに在住しているが、僕の知人に同じようにアメリカで結婚をして、日本へ帰った人がいる。

 

以前にアメリカ国内での結婚方法について

アメリカ国内でアメリカ人と結婚する際の手続き。パート1。
僕がアメリカでアメリカ人女性と結婚した時に行った手続きの流れを紹介。パート1。
アメリカ国内でアメリカ人と結婚する際の手続き。パート2。
僕がアメリカでアメリカ女性と結婚した時に行った手続きの流れを紹介。パート2。

で詳しく書いたが、その後の日本側での手続きについては書いていなかった。その知人の実体験(多少僕の実体験も)をここに記していこうと思う。同じような状況に置かれた人の少しでも役に立てればと思う。

今回のケースは

  • 日本人夫・アメリカ人妻
  • アメリカ国内で結婚
  • 日本への届出はまだ済んでいない(結婚後3ヶ月以上経過してる)

という状況である。アメリカ人夫・日本人妻でも同じであろう。

また今回は知人の経験した「日本で」のやり方をメインで書いていくが、僕が行った「アメリカで」の手順と変わりはない。要は届出をDCの日本大使館に任せるか、日本の各市町村の役所へ直接行くかの違い。といってもDCの日本大使館に書類を提出しても最終的には日本の各市町村の役所へ降りていくはず。なので日本だと◯◯が必要で、アメリカだと◯◯は不要…というものはないと思う。

【Advertisement】

 

【婚姻届を提出する為の必要書類】

 

①. アメリカで結婚した際に発行された結婚証明証(marriage certificate)

結婚した州・市によって異なるかもしれないが、基本は原本を提出することになると思う。実際にはコピーをして返却してもらえるので一旦は持って行こう。

 

②. ①の訳文

自分で訳しても良いし、専門家にお願いしても良いだろう。自分で訳した場合は、翻訳者として自分の名前を書けばOKだ。「ここは訳さなくても…それくらいわかるだろ…」と思ってしまうような細かい部分も訳を付けてくれと言われる。やはり相手は頭の硬い日本のお役所。面倒でも完璧に訳をつけよう。しかし、外国人の署名って日本人みたいにしっかり書かないから解読困難。

(こういう時に、日本も少しは英語が通じる国だったらな〜とつくづく思う。だが米国に駐在する役所の駐在員の英語でさえも微妙なのだから、いつまでたっても国際国家には程遠いだろう。ま、英語が全てではないが。)

 

③. アメリカで結婚した際に発行された結婚許可証(marriage lisence)

これも州・市によって異なるかもしてないが(というか他の州の事を知らない)、①の結婚証明証で済んでしまう場合もあるだろう。僕が結婚申請をしたバージニア州アレキサンドリア市や、彼が結婚申請をしたバージニア州某郡ではcertificateとlisenceが別になっているので両方使った。

というもの、僕もそうだったがcertificateに生年月日の記載がないのでlisenceを補足資料として提出したそうだ。他の州や市のcertificateには、生年月日の記載もある場合もあるようなので、そういった場合にはlisenceは必要ないのかもしれない。

これもコピーをとって返却してもらえる。僕の住むバージニア州アレキサンドリア市では原本はなく、市役所でコピーをくれるのでそれをそのままあげればよい。

 

④. ③の訳文

これは同じく③を日本語に訳した文章。

 

⑤. 外国人配偶者のパスポートのコピー(公証人印付き)

通常のコピーでなく、公証人印がついたコピーを提出。公証人印付きとはこのコピーが正式なコピーであることを証明するものだ。こういった公証人サービス(Notary Public)は、役所、銀行、郵便局(USPS)または、貨物運送会社のUPSなどで取得が可能だ。他にも個人でやっている場所も多々見る。詳細はこちらの記事を参考に↓

Notary Public Service。
ここアメリカで生活をしていると、たまに必要になるのがNotary Public Service「公証人」である。日本では聞き馴染みのない言葉かもしれないが、生活の中にちょいちょい出てくる&

 

(⑥. 日本人配偶者の戸籍謄本)

住民票のある市町村の役所へ届出をする場合は不要だ。そこは日本人同士と同じ。僕のようにアメリカで日本大使館に届出をする際は必要。

 

(⑦. 外国人配偶者の帰化証明証)

これは人によってだろう。僕の妻の場合は必要無かったが、彼の奥さんは移民のアメリカ人。彼女のパスポートの出生地がアメリカ以外の場所になっているので、アメリカの国籍証明をする書類が必要だった。そのため、彼女が帰化したことを証明するCertificate of Naturalizationとその訳文を付けて提出したそうだ。アメリカでは、アメリカ籍でも意外と移民で帰化した人も多い。そういう人の場合はこれが必要。彼が言うにはこの訳文が面倒だったらしい。実際に見たことが無いのでなんともわからないが、公的書類は基本的に訳すのが難しい(専門的な用語や生活的文法を使わない)ので、心配な人は専門家に頼んだ方がよいだろう。

 

(⑧届出遅延の理由書)

一応日本の法律上?では、外国で結婚をした際に、3ヶ月以内に日本の役所へ届出をする必要がある。3ヶ月以内の人は特に必要ない。詳細は「婚姻届提出から受理までの流れ」で説明する。

 

必要な書類は以上だ。まとめると

① アメリカで結婚した際に発行された結婚証明証(marriage certificate)

② ①の訳文

③ アメリカで結婚した際に発行された結婚許可証(marriage lisence)

④ ③の訳文

⑤ 外国人配偶者のパスポートのコピー(公証人印付き)

(⑥ 日本人配偶者の戸籍謄本)

(⑦ 外国人配偶者の帰化証明証)

(⑧届出遅延の理由書)

あと、もちろん日本の婚姻届も必要。

 

【婚姻届提出から受理までの流れ】

必要書類がしっかり揃っていれば、単純に役所に提出するだけだ。特に困ることはないだろう。

婚姻届は扱いとして「報告的届出」というらしい。というのも、外国で結婚したので、日本でも登録してねーってだけの事。

なので、報告的届出の婚姻届の書き方として、

  • 外国人配偶者側の住所欄(夫が外国人なら夫になる人の住所欄・妻が外国人なら妻になる人の住所欄)は国と州と市・郡まで記載
  • 外国人配偶者側の本籍は国名だけ
  • 最下部の届出人は、日本人側だけ。妻が外国人なら、妻の署名捺印は不要。空白でOK。
  • 右ページ側の証人も全て空白でOK。

と少し日本人同士で結婚する場合と記入方法が違う。

あと彼の場合「外国で結婚をして3ヶ月以上経過」していた。基本的に外国で結婚したら3ヶ月以内の日本の役所に届けないといけない。僕の場合はアメリカで結婚した直後に、DCにある日本大使館へ婚姻届を提出した。

アメリカで結婚して3ヶ月以上経ち、DCの日本大使館に届出する場合は、在米日本大使館のHPに遅延理由書のフォーマットがあるので、それを印刷して一緒に添えれば良い。大使館へ提出する遅延理由書はこちら(2.届出の期限を参照)

だが日本で提出する場合、ネットで調べたのだが、3ヶ月以内にしないと届出が必要…とは沢山のサイトで書いてあるのだが、じゃ3ヶ月過ぎたらどうしたら良いの?って答えがなかったので記載しておく。

結論から言うと、同じように遅れてしまった理由書のようなものを併せて提出すればOK。これが先ほど必要書類のまとめに書いた⑧届出遅延の理由書。(正式な名称は不明)

彼の場合、市役所へ届出後に市役所から「3ヶ月以上経ってるので、もう一つ追加書類が必要なのですよ」と電話きた(市役所の人も忘れていた)。そして、以下の紙を自宅へ郵送してくれた。その日に市役所へ再度行き、その場で以下の用紙に記載をすれば済んだのだが、仕事の都合で自宅に郵送してもらったそうだ。

chienriyusyo

自ら用意するというよりは、市役所の人に遅延している旨を伝えれば、市役所側で以下の様な用紙を用意してくれるようだ。しかも住所も名前もすべて向こうで書いてくれてあり、遅延理由の選択と署名をするだけだったそうだ。これをみて思ったのだが、例え3ヶ月以内に提出しないといけない…という決まりを知っていても、こんなのみんな1に◯するに決まってんじゃんと思った。それにしても遅延日数255日って笑。これを見るとこの書類は裁判所に行くようだ。もうほとんど形式的なものなんだろうね。後日これを市役所に郵送し、手続きは完了。

長々と例外用の補足を書いてしまったが、届出後の流れとしては、一度外務省?だかに書類を上げて、承認されると市役所にまた降りてきて結婚が受理されるそうだ。年末だったせいもあるかもしれないが、12月25日くらいに提出して、1月14日に戸籍に反映されていたそうだ。

 

【最後に】

何かと面倒な手続きが多い国際結婚。自称グローバル・実質閉ざされた国「日本」にとっては外国人を受け入れるということに関しては、まだまだ発展途上に感じる。だが手順をちゃんふめばとすれば問題なく結婚することはできる。徐々に国際結婚も世間に認知されつつあるとは思うが、日本人は「国際結婚」というものを何かすごく高いハードルに感じているように思う。相手の国によって様々だろうが、僕としては思ったより面倒ではなかった。

沢山の貴重な情報を提供してくれた知人に感謝。彼は今後、アメリカ人妻を日本へ呼ぶ手続きをするそうなので、その事に関しても記事にしていこうと思う。

【Advertisement】
Pocket