American Parties

Pocket


【Advertisement】


先日、友達の誕生日パーティーに誘われたので行って来た。基本的にパーティーは好きではないので、あまり行かないが、今回は仲の良い友達の誕生日パーティーだったので行って来た。

アメリカのパーティーというと、どんなイメージを持つだろうか。きっと映画や海外ドラマで見たことがあるような、音楽がガンガン流れて、酒をのみまくり踊りまくり怪しい煙を吸っている…だろうか。

普通の人(真面目な人)が行くパーティーはあんな感じではないが、僕の周りで行われるパーティーは、たまにあれに近いものがある。基本的に、音楽がうるさい。知らない人が沢山いる。酒の量が尋常じゃない…などなど。

酒は結構ひどい。ビールは大量にあるのはもちろんだが、ウォッカベースの酒?カクテル?を衣装ケースの箱のような大きなケースで混ぜて作る。カットした果物、少々のフルーツジュース(ほんとに少々…)を混ぜて、それをすくって飲むスタイル。

maxresdefault

↑これ子供用プールかって感じの入れ物…笑

そして毎回必ず部屋の隅っこの方では、何かを吸ってHighになっている人たちがいる。まぁパーティーと言えば…って感じだ。ここDCでは去年(だっけ?)マリファナは合法化された。一定数量以上の所持や売買、公共の場での使用は禁止されているが、自宅で嗜むのはOK。

とは言っても、合法化される前でも、街中でやってる人はよくいた。というか匂いがしてきて見ると吸っている。特に某図書館付近。

その当時は、公共の場で吸っていて警察に捕まっても、少しの罰金(確か$50程度)を払うだけで、その場は何もなかったかのように終了する。パーキングチケットレベルのものだ。そんなの取り締まる意味ないじゃんって思ったが。

 

まぁ、なんだか暗い事を書いてしまったが、健全な人(もっと大人の)のパーティーはもっと普通だ。僕が好きなのは、夜になると付ける電灯だ。裸電球のあの照明の雰囲気が大好きだ。

Backyard-Party-Lights-backyard-party-lightsbackyard-with-lights-dream-big-dreams-gh9rpd4q

 

あと、人数が少ない時なんかは、bonfireをし、囲みながら話をするのもアメリカならでは。定番は、樹の枝の先にマシュマロを付けて焼く。あれを初めて経験した時、すごくアメリカを感じた。ちなみにbonfire pitはホームセンター(home depot)などで売っている。

backyard-party-bonfire

 

やはりホームパーティが盛んに行われるアメリカでは、ホームパーティグッズがとても豊富にある。party cityというお店はパーティーグッズしか売っていない専門店。それだけで商売になるなんて、それだけ需要がある証拠だろうか。ま、あのお店は少し子供向けな気もするが。

色んなパーティーがある、ここアメリカ。僕はこの文化が好きだ。僕の印象として、アメリカ人は物や見た目に、それほどこだわらない(勿論超こだわり派もいる)。だが、時間の過ごし方にはすごくこだわるように思う。日本人も同じではあると思うが、すこし見た目や体裁を気にしすぎな気がする。逆にそれがかっこ悪くて気持ち悪い。スッピンだとか、服装がダサいだとか、全然気にすることないと思う。恥ずかしくなんか無い。それを傍から気にしている事の方がよっぽど恥ずかしい。見た目でしか人を判断できないのは、本当に残念だと思う。

 

あれ…この前行った誕生日パーティーの事を何も書いてない…まぁいいや。


【Advertisement】

Pocket